昔から親しまれている伝統芸能

>

庶民が親しんでいた伝統芸能

落語を聴いてみよう

今でも落語や漫才、手品や浪曲は大衆から親しまれています。
そのような寄席芸能も、日本が誇る大切な伝統芸能だと覚えておきましょう。
ルーツを遡ると散楽や能楽の存在が確認できますが、大きく変化したのは江戸時代に寄席が発達したことだと言われています。

特に有名なのは落語で、日本の話芸の代表ですね。
落語は落語家が1人で行うもので、着物を着て座布団に座りながら話すのが定番のスタイルです。
複数の登場人物を1人で演じるので、声の高さや喋り方などを工夫し、演じ分けています。
昔は話の終盤に下げや落ちがあるので、落とし咄と呼ばれていました。
今と同じように落語と呼ばれるようになったのは明治時代に入ってからなので、割と最近です。

関西で人気になった

講談は、昔は講釈と呼ばれていました。
ルーツはかなり古く、奈良時代や平安時代に行われていた仏教の説法にまで遡ります。
現在親しまれている講談のスタイルは、浪人が太平記を面白おかしく一般庶民に読んで聞かせ、投げ銭を受け取ったことが始まりだと言われています。
それ以外にも講談では軍談や仇討ち、お家騒動が人気の高いジャンルになっています。

浪曲は三味線のリズムに合わせて歌いながら物語を話す伝統芸能で、古い時代にたしなまれていた説教節や祭文がルーツです。
江戸時代の後期に関西で人気が出たことがきっかけで、浪花節と呼ばれるようになりました。
しかし当時はスタイルが少し異なっており、今のようなスタイルになったのは明治時代頃です。


この記事をシェアする

TOPへ