昔から親しまれている伝統芸能

日本の文化を詳しく知ろう

昔からある日本の伝統芸能には、楽器を使ったものが多いです。 音楽が好きな人は、勉強してみると楽しいでしょう。 特に有名なのは雅楽や義太夫節で、学校の教科書にも掲載されています。 伝統芸能で使われている楽器は種類が豊富ですが、特に多いのは三味線です。

踊りも伝統芸能に含まれる

今は、ダンスをたしなんでいる人が多いのではないでしょうか。 日本にも古くから舞踊の文化があり、それも伝統芸能です。 特に日本舞踊は人気で、教室も多く開かれています。 興味がある人は参加して、実際に日本舞踊を体験してください。 体験することで、得られるメリットはたくさんあります。

庶民が親しんでいた伝統芸能

伝統芸能と聞くと厳かで、気軽に親しみにくいものだと思っている人が多いでしょう。 しかし中には落語や講談など、今でも大衆に親しまれている伝統芸能があります。 テレビやラジオでも落語を聴くことができるので、気になる落語家を見つけて、積極的に聴きましょう。

音を使った伝統芸能

日本の伝統芸能では複数の楽器を使い、さらに文化を盛り上げています。
さらに楽器だけでなく語り物や歌い物など、人間が声を発して音楽を奏でるというのも日本の伝統芸能の特徴でしょう。
様々な種類の楽器がありますが、最も多く使われているのは三味線です。
楽器を奏でる伝統芸能は雅楽や義太夫節、薩摩琵琶などが挙げられます。

踊りも、日本の伝統芸能に含まれます。
伝統芸能の世界では踊りのことを舞踊と呼んでいるので、覚えておきましょう。
またほとんどの舞踊は、歌舞伎から派生したものだと言われています。
舞楽や日本舞踊が種類に含まれ、特に日本舞踊は誰でも気軽に親しめるので人気です。
興味がある人は、日本舞踊の教室に通ってみると良いでしょう。
調べることも勉強になりますが、最も良いのは体験することです。
体験することで日本舞踊の良さや、美しさをより理解できます。

落語や講談、浪曲などは普段から触れている人が多いでしょう。
それも日本の伝統芸能の仲間で、江戸時代から生まれたと言われています。
日本舞踊と同じように、一般人でも触れやすい伝統芸能と言えるでしょう。
テレビやラジオでも落語の番組があるので、まずはそちらを視聴するのもおすすめです。
このように知らなかった伝統芸能もあれば、身近な伝統もあります。
日本は伝統芸能が多いので、たくさん調べて触れてください。
すると自分の趣味に一致するものや、もっと知りたい、体験したいと思うものが見つかるかもしれません。

TOPへ